マイブログ リスト

2016年1月12日火曜日

動きを真似するために必要なこと

子どもたちが通った幼稚園で、作業の時間がありました。

例えば蝶々結びのやり方を教える時、まず教師が黙ってゆっくりとやって見せるんです。

それも超スローモーションでハッキリと動作を子どもに見せる。

子どもも教師の手元をジ~ッと見てるだけ。

はじめてその様子を見た時、これは何だろう不思議と思ったのですが、

その後『では皆さんもやってみましょう♪』ってなったとき

ほぼ全員同じ動きを出来てました。

ホットケーキを作る作業の時も、教師がスローモーションで卵を取り上げてボールに割り入れるまでの動き、まるでコマ送りを再生しているようでした。

大人ではそこまでゆっくりしなくても見れるのでしょうが、まだ発達してないうちは早すぎる動きだとたくさんの情報は処理しきれないのかもしれません。

大人でも眼が悪いと情報処理が追い付かないかも…

親が子どもに何か教える時、言葉かけをしながら動作を見せがちですが、それだと聴覚と視覚がいっしょくたになってわけわからなくなるらしいです。

五感の中で驚くほど影響力が多い視覚。

その視覚を使って、まずは正しい情報を自分の中に取り入れるという方法を幼児のうちに身につけることだったんだって、からだの勉強をするようになって、より納得出来ました。

子どもたちは教師や親など、近くにいる魅力的な動きをジ~ッと見てて真似すること大好きですよね。

私たちも美しい動き、気持ち良い動きを真似したいとき、ジ~ッと見ると思います。

そしてその動きを脳にインプットして、自分のからだでやってみる。

コンピューターである脳にいい情報を入れるための入力装置が、私たちの眼と思ったらよいようです。

なので、からだの使い方をしっかり見てもらって自分の中に情報を取り込んでもらってから、実際にやってみるようにしています。

たくさんのポーズをわけがわからずどんどんやってしまうより、一つずつ自分の中に落とし込んでからだに馴染ませていけたらいいなって思います。

お知らせです

月曜日10時からのクラスが出来ました。

少人数でゆっくり丁寧にやっています。

お待ちしています。
肩甲骨を意識した振り返りの=^_^=
ヨガポール(ストレッチ用ポール)でからだほぐし
目線&胸鎖乳突筋を意識したねじり
斜め腹筋(腹斜筋)



☆1月24日(日)
安部塾下関校 姿勢と呼吸と動きのワークショップ詳細


新しいStudio Nami 安部塾下関校での開催となります。
ご参加お待ちしております。
1/24(日)
2/28(日)
3/27 (日)

☆イベント



☆安部塾

安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP

姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ


Studio Nami 

Studio Nami 姿勢と呼吸と動きのレッスンHP → HP

新田奈見子Facebook  Facebook

新田奈見子 暮らしのブログ → Studio Nami の暮らし

0 件のコメント:

コメントを投稿