マイブログ リスト

2016年1月11日月曜日

カールツアイスのレンズはやっぱり凄かった!

今日は子どもたちと福岡飯塚の眼鏡屋さんアイックスに行ってきました。

じゃれあって遊んでいて眼鏡がずれた娘と、スケボーから転倒して顔面からこけた息子の眼鏡が気になって♪

小松お父さん先生が娘の眼鏡、鼻に当たるところを違和感のないよう丁寧に直してくれました。

それまでずれてて痛かったのがすっかり良くなって、帰りはとってもご機嫌に。

息子のは鼻のところシリコンで出来てたので、何ともなかったみたいで一安心。

激しいスポーツをしてもずれることなく安全な眼鏡、凄いです。


そして私も鼻の上の部分が微妙に痛くて違和感があったので相談したら、小松先生がみてくれました。

ちゃんとフィットするように、一番よく見える位置にレンズの中央が来るように、何度も何度も微調整してくれて

調整終わったら、あら不思議!

鼻の痛みが全くなくなって、眼鏡を当ててる感じがほとんどない。

昔からの習慣で眼鏡を下の方に掛ける癖が残っててちゃんとレンズの真ん中で見てなかったみたい。

掛け方変えたことで、眼の奥がまた一段と楽になって視界がクリアになりました。



カールツアイスのレンズを掛け始めて、約一か月。

瞼が開きやすく眼の重い感じがなくなったことに驚いています。

夫は腰を痛がらなくなりました。

からだはつながってるんですね。

そしてお正月家族で小串の空を見上げた時、あまりの星の数の多さと綺麗さに驚きました。

まるで南阿蘇の天体望遠鏡で見た星空みたいだった♪

今まで見えてなかっただけで、ちゃんとそこにあったんだね~

見えるってこんなに楽しいんだねって、みんなでウキウキになってしまいました。


歴史大好きな姉夫婦も家族で眼鏡作ることになったのですが、

旦那さんが歴史マニアで東郷平八郎がカールツアイスの双眼鏡を愛用してたって知ってて、世界のカールツアイスのレンズの眼鏡なら是非作ろうってことになったみたい。

今日はドイツカールツアイスの歴史の話まで小松お父さん先生が写真集を出して見せてくださいました。


 真ん中の人が、カール・ツアイスさん


『日本海海戦とツアイスの歴史』

茶色いのが東郷平八郎愛用の双眼鏡


『世界初の光学プラネタリウム』

今やプラネタリウムってどこにでもあるけど、世界初はやっぱりカールツアイスだったそうです。


そして『アポロ11号』の宇宙での撮影にもカールツアイスのレンズが…

凄すぎます!

そんな歴史のあるレンズ会社のレンズなら人生変わるはず♪

眼のずれが原因で起きているさまざまな不調があるとしたら、レンズで調整してもらえば話は早い。

こんな凄いレンズがあるのにしないなんてもったいないと実感しています。



☆1月24日(日)
安部塾下関校 姿勢と呼吸と動きのワークショップ詳細


新しいStudio Nami 安部塾下関校での開催となります。
ご参加お待ちしております。
1/24(日)
2/28(日)
3/27 (日)

☆イベント



☆安部塾

安部吉孝公式HP → 安部塾公式HP

姿勢改善 身体操作指導者 安部吉孝 → 安部塾 公式ブログ


Studio Nami 安部塾下関校

Studio Nami 安部塾下関校HP → HP

新田奈見子Facebook  Facebook

新田奈見子 暮らしのブログ → Studio Nami の暮らし

0 件のコメント:

コメントを投稿