マイブログ リスト

2015年7月18日土曜日

補助道具と上手く付き合う


ストレッチポールに乗る時や仰向けのポーズで、膝やかかとの幅を坐骨幅にしてもらいます。

でも意外と感覚が難しくて微妙に広がったり狭かったりすることがあります。

ほんの1センチ違うだけで股関節が違和感でてしまうので要注意なんですよ~

ポールに乗っていいことしてるつもりでも『坐骨幅』が崩れてしまってはもったいない!

安部先生のワークショップで習ってから、ヨガブロックを落とさないように膝に挟むことで坐骨幅をキープ出来ることをやってきました。

ブロックを使うと一発で場所が決まるし、股関節に違和感が全くなくいい感じになります。

Studio Namiの皆さんには家でもストレッチポールに乗ってもらってますが、多くの方がマイブロックを持っていて自宅練習の時使っておられます。

そしてレッスンの時も色々な場面でヨガブロックを積極的に使ってからだを整えようと、マイブロックを持参される方が増えています。

からだの繊細な使い方の練習になるからと、積極的に利用してる方は体調の変化も早いようですね。

『私は柔らかいから大丈夫!道具なんていらない!』

って方にかぎって、どこか力みが出たり、ポーズに集中出来ず効果が半減したりするのかもしれないですね。

道具に頼よらないといけない駄目な自分ではなく、気持ちよく動けるために道具に手伝ってもらうって感じで上手く付き合っていけばいい

気楽な気持ちでやってみたら意外といいかもです(*^-^*)
来週24日金曜日昼休みオープンスペースで開放します。

お昼一緒にしながら女子会トークしたいひと大募集してます!

7月17日Studio Nami『姿勢と呼吸と動きの改善レッスン』in しものせき環境みらい館



9月5・6日 下関リトリート申込み受付中詳細

8月8日 安部塾下関校『姿勢と呼吸と動きのワークショップ』定員10名残席7名→詳細




0 件のコメント:

コメントを投稿